あなたのきもの生活を快適にする和装下着の専門店
きものをやさしく、たのしく、おもしろく

たかはしきもの工房ブログ

2017年7月15日

きものよきもの 2017年7月号

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

着物の世界は本当に奥が深いです。どこまで行っても『よし!』ということはありません。肌着を作り始めてから、フィッティング会に行ったり、肌着にまつわる講習会を開いていただいたりすることがどんどん増えてきているのですが、その現場でよく『先生』と呼ばれます。でも先生という呼ばれ方に覚悟が決まっていない私は必ず、「いえ、先生はやめてくださいよ~。和江ちゃんでいいです。」なんて言ってしまいます。さすがに「そうですか、では和江ちゃんと呼ばせていただきます~」などという人はいませんが、だいたいはたかはしさんに落ち着き、ほっとするのです。本当に小さいお茶の教室も持っていますが、そこの生徒さんでさえ私のことを「和江さん」と呼び、けっして先生とは言わせないのです。

先生と呼ばれる覚悟、私にとってのそれは、その分野において全部わかり尽くさないとダメなのかもしれません。私は相当に応用がきいて柔軟(いい加減ともいいますが)だと思っていますが、ただこの点についてはどうにもダメなのです。先生と呼ばれてもわからないことはわからないと言っちゃっていいと思うのですが、どうも気恥ずかしくて仕方ないのです。多分、子供のころから、決して優等生でもよい子でもなかった私にとって先生とは権威の象徴なのかもしれません。
人様が先生であることは全く受け入れられるのに自分はそれに値するとは思えず、また、先生などと呼ばれてしまったら単純な私はそれに胡坐をかきいい気になっていくかもしれないという恐怖があるのだと思います。
初めて着物の着付けを教え始めた時のチラシに『隣のお姉さんが教える…』(まだ30代でした!)という書き方をしました。そうなんです、私は隣のお姉さん、隣のおばさんでいたいのです。ちょっとお節介気味だけど、頼りになって親切なお隣さんになりたいのです。

着物の世界にはたくさんの先生がいて頼もしい限りです。難しい世界です、導いてくださる方がいると着物の世界に入る勇気をもらえます。
でもひとつ気になっていることがあります。それは生徒さんを自分のカラーに染めようとする行為、これがとても気になっています。「あなたはこれがいいわ!」「それじゃあだめよ、こうしなさい。」
肌着をやってみてよくわかったことに「千差万別、人それぞれ」ということです。このことをあまりわかっていない先生が決めつける言い方をしている気がしてなりません。もちろん、そのように引っ張らないといけない生徒さんもいますが、困ったお顔の生徒さんも多いのです。当社の肌着の定義も今までにない論理なので、それを受け入れてもらえないことも時折あります。人それぞれですからそれはそれでいいのですが、生徒さんに押し付けるのはやめた方がいいように感じます。
生徒さんは気持ちの赴くままどんどん様々な情報を取り込んで、自分なりの解釈をし成長をしていくのですから。

 

 

 

今月の女将より

有難いことに当社は、どんどん若い子が増えています。こんな小さい、まして和装などと言う難しい商材を扱っている会社に入ってきてくれる、それだけでも有難いのです。私は本当に社員が可愛くて仕方がありません。だから、本当に幸せな人生を送ってほしいと願っています。
で、私が思う幸せな人生とは「人様の幸せのために必要とされることが本当の幸せの道」ということです。
これを成すには大きなハードルがあるのです。それは自分の中の余計なプライドを捨て我欲を抑えること、です。 特に、最近注力していることは「自分をよく見せたい」欲を失くすこと。これはとても難しいことですが、自分をよく見せようとすると、とかく本心が埋もれていったり、自分でもわからなくなってぶれることばかり、結果これはつらいことです。
それに気づいてもらうために、強い心をもってと願って私はよく愛あるセクハラ、パワハラ、モロハラをします。愛ある…って、わかってもらっているかは疑問ですが。辞めずにいてくれるから、よしとしています。笑

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

あなたの着物の悩みを解決!
きもの生活を快適にする和装下着の専門店

着物を着ると出てくる多くな不安や悩み。
例えば・・・

  • ・汗ジミ
  • ・生理
  • ・尿漏れ
  • ・着崩れ
  • ・体型の悩み(華奢、背高、ぽっちゃり)
  • ・着物の手入れ
  • ・補正の悩み
  • ・簡単に着物を着たい

などなど・・・

「たかはしきもの工房」には、あなたの着物の不安や悩みを解決できるアイテムを取り揃えております。

また、メールマガジンでは、お役立ち情報を始め、メールマガジン会員限定の割引情報や催事情報などを発信中。是非、ご登録ください。

※メールマガジンは「たかはしきもの工房 本店」の通販サイトから配信されます。

メルマガ申し込みはこちら!

氏名※必須 姓:名:
お申込みEメールアドレス※必須
※半角英数字で入力してください
確認メールアドレス※必須
※半角英数字で入力してください

コメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

カテゴリー

新着記事

NO IMAGE
きものよきもの 2018年1月号
NO IMAGE
きものよきもの 2017年12月号
NO IMAGE
きものよきもの 2017年11月号
NO IMAGE
きものよきもの 2017年10月号
NO IMAGE
きものよきもの 2017年9月号