あなたのきもの生活を快適にする和装下着の専門店
きものをやさしく、たのしく、おもしろく

たかはしきもの工房ブログ

2006年2月3日

気をつけよう!無料着付け教室2

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

気をつけよう! と言いつつ、実は私自信、今年も無料着付け教室を開こうと思っている。
前回にも少し紹介したが1回2時間を4回、つまり8時間で2重太鼓まで教えてしまうというものだ。
まさか、そんなの着られるようになるわけないじゃん!とお思いの皆様、ところがどっこい、去年教えた10人のうち、私が知ってるだけでも3人は自分で着られるようになって、頻繁に着て下さって居るんですニコニコすごいでしょ~
それに気をよくした私は、今年はそれに加えて浴衣着付けもやろうと思っているし、地元のケーブルテレビでも、テレビで浴衣の着付けをやろうと思っている。申し入れがあればどこでもいこうと思っている。
こう思えるのにはずいぶんと勇気がいった。だって私はどこかの着付け教室で免許を取得しているわけではないし、以前習ったことはあるものの結局は自分流にアレンジしているわけだから、教えるなんておこがましいとずっと思い込んでいた。
それを振り切れたのは、今をときめくらくやご主人石田節子さんの着付け教室の在り方を知ってからである。それは「石田節子流」なのだ。小林豊子でも長沼静でもない「着付け教室」  
カルチャーショックを受けた。
考えてみれば、そうなんだよね。お家元も初めは自流なんだよね。それに気づいたら、自分が今楽に簡単に着ているこの方法を教えていいんだ!と思えるようになった。
先日、ある無料着付け教室の宣伝文句で、「この教室に通うと最後に卸し問屋での着物についての講習会もございます。お求めになりたい方には卸し価格でお分けします。」
こりゃ~、危ない!
こういう文句に引っかからないためには、着物の価格がきちんとわからなければいけない。本当に卸価格なわけないじゃん!と素直じゃない私は思っちゃうのだが(だって、着付けの先生は最高のセールスレディなんです)見分ける眼力さえあれば悔しい思いをすることはない。
あ、うちは着付けの生徒を捕まえての展示会などは一切ありません。だから、必要以上に気をつける必要はありません。
 ただ、着物を着るようになると新しい帯〆がほしいとか、着物を直したいとか、そういうお付き合いが始まることへの期待は多いにありますイヒヒだって商売ですからラッキー
満点スリップのたかはし

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

あなたの着物の悩みを解決!
きもの生活を快適にする和装下着の専門店

着物を着ると出てくる多くな不安や悩み。
例えば・・・

  • ・汗ジミ
  • ・生理
  • ・尿漏れ
  • ・着崩れ
  • ・体型の悩み(華奢、背高、ぽっちゃり)
  • ・着物の手入れ
  • ・補正の悩み
  • ・簡単に着物を着たい

などなど・・・

「たかはしきもの工房」には、あなたの着物の不安や悩みを解決できるアイテムを取り揃えております。

また、メールマガジンでは、お役立ち情報を始め、メールマガジン会員限定の割引情報や催事情報などを発信中。是非、ご登録ください。

※メールマガジンは「たかはしきもの工房 本店」の通販サイトから配信されます。

メルマガ申し込みはこちら!

氏名※必須 姓:名:
お申込みEメールアドレス※必須
※半角英数字で入力してください
確認メールアドレス※必須
※半角英数字で入力してください

コメント一覧

  1. Non より:

    最初に浴衣の着付けを教えた方が間口が広がっていいんじゃないですか?
    浴衣ならノリで着る機会も多そうだし。
    寝るときに着たって構わないし~と思います(笑

  2. はなぼたる より:

    そうですよね。
    この頃若い子が浴衣のみならず着物を着たがってくれる、これがとっても嬉しいです。
    でも、その着姿がぐずぐずではね~
    かっこよく着てくれれば見ている人も着たくなりますものね

コメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

カテゴリー

新着記事

NO IMAGE
半幅帯が緩んでしまう方に〜
NO IMAGE
えり芯、私はこうしています。
NO IMAGE
若い頃
NO IMAGE
今年の東京キモノショー、すごいです!
NO IMAGE
東京染め健在です!