いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

トップページ > 雑貨 > 【ネコポス対応可能】『丸久商店』伊勢型紙使用復刻てぬぐい

職人達の手業の粋が宿る、伝統柄のてぬぐい

明治三十二年、日本橋堀留町にて創業した注染製品の問屋『丸久商店』のてぬぐい。

注染とは、糊で土手を作り、その土手の内側に染料を注いで布を染める技法。
布の芯まで染まり、裏表なく柄が鮮やかで色褪せしにくい特徴も持つ。

【復刻てぬぐい】は、丸久商店が所有する、
重要無形文化財に指定されている伊勢型紙の数あるコレクションを使用し、
伝統柄を復刻したてぬぐいです。

洋の色とはまた違う、和の色の深い色合いが、
持つ人に、自然と落ち着きと安らぎを与えてくれます。
柄は2019年の干支である亥の柄は、丸久商店オリジナル。

柄も、色も、染も、職人達の手業の粋がふんだんに盛り込まれた、
味わい深いてぬぐいです。

   

芸術性の高い、伝統工芸技術

「復刻てぬぐい」に使用されている伊勢型紙は、
単なる「染用の型紙」の枠を超え、その図柄の高い芸術性により、
美術品などにも使用されている、日本が誇る伝統工芸技術のひとつです。

端のほつれについて

てぬぐいが、なぜ端が切りっぱなしになっているかというと、


1.端を縫っていないほうが渇きが早い
2.手ぬぐいに雑菌がたまりにくい
3.簡単に裂けるので、包帯替わりや、草履の鼻緒が切れた時に応急処置に使える


という3つの理由があるそうです。
ほつれが止まり、色も落ち着いてくると、
いよいよ「自分のてぬぐい」となり、それぞれの「味わい」が出てきます。
長くいつまでも、ご愛用ください。

   
復刻てぬぐい
復刻てぬぐい
復刻てぬぐい

重要無形文化財の型紙を
注染で染め上げた
【ネコポス対応可能】
『丸久商店』
伊勢型紙使用
復刻てぬぐい

商品番号 hukkokutenugui

販売価格1,100円(消費税込:1,210円)

[11ポイント進呈 ]

ネコポス配送
※必ず選択をしてください※
 
A.お花見桜
B.花筏(臙脂) ×
C.亀甲格子(朱) ×
D.唐獅子(海松茶)
E.唐格子(弁柄色)
F.梅鉢 瓢箪掛け分け
G.蝶紋菊唐草(抹茶) ×
H.糸目(緑青) ×
I.菊唐草(橙と鼠) ×
J.丸に升目(臙脂) ×
数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く