ロゴ

たかはしきもの工房 本店

気仙沼漁師カレンダー
気仙沼漁師カレンダー
気仙沼漁師カレンダー

気仙沼のスーパーヒーローを集めた写真集のようなカレンダー 【気仙沼つばき会】気仙沼漁師カレンダー2021

商品番号 fisherman_c2021
販売価格 ¥ 1,870 税込
17 ポイント進呈
商品情報
【仕 様】
サ イ ズ:B4(見開きB3)
ページ数:32P
【クレジット】
写真/文:幡野広志
デザイン:白い立体
編  集:唐澤和也(Punch Line Production)
プロデュース:BambooCut
印  刷:三陸印刷株式会社
企画/発行所:気仙沼つばき会

2021年の漁師カレンダーは、これまでとは少し違う

幡野広志のエッセイを掲載

写真と文を担当した写真家・幡野広志(はたのひろし)さん。
1年間で計4回にわたり気仙沼に来て撮影。
「漁師」という人たちの生き様、それを支える人々、そして気仙沼を写真に捉えました。

今年のカレンダーには、幡野さんが撮影しながら感じたこと、漁師さんと会話して思ったことが素直に書かれています。
エッセイと写真両方で、幡野さんが五感で感じた情景を、味わって頂けたらと思います。

PHOTOGRAPHER
幡野広志
(はたの・ひろし)

1983年東京生まれ。
2010年 広告写真家高崎勉氏に師事。「海上遺跡」Nikon Juna21受賞
2011年 独立、結婚
2012年 エプソンフォトグランプリ入賞。狩猟免許取得
2016年 息子誕生
2017年 多発性骨髄腫を発病。近著『なんで僕に聞くんだろう。』(幻冬舎)。写真集『写真集』(ほぼ日)

横開きタイプ

2021年の漁師カレンダーは、より写真集に近い形になりました。
カレンダーとして飾る前に、一度、一冊のフォトエッセイとして、お楽しみください。

地元民じゃないからこそ、気仙沼の良さが詰まった一冊

幡野さんは、写真家以外にも、webメディアの連載をはじめ複数の著書を出版されています。
その幡野さんが、たった1年、4回お越しくださっただけでこれだけ感じ、文章にしてくださったのは、気仙沼市民として嬉しいものです。

同時に、地元だからこそ気づけないことも、このカレンダーでは教えてくれました。
気仙沼を支える「漁師」について知るきっかけになれば、とても嬉しいです。

気仙沼を知らない方は、読むと、気仙沼の透き通った景色を感じられますし、
「気仙沼に行ってみたい」「気仙沼の漁師に会ってみたい」と思っていただける一冊になると思います。

漁師さん、周りで支える人々、気仙沼のありのままの姿が、写真と文章で感じることができる
まるで写真集かのような見ごたえたっぷりのカレンダーです。

返品・交換について

たかはしきもの工房オリジナル商品のみご試着後の返品を承ります。
オリジナル商品以外の商品は、未使用・未開封の場合のみ受け付け致します。
お届けした商品が不良品の場合、速やかに対応いたします。当店までメールやお電話でご連絡ください。ご返送の方法等ご案内いたします。
商品代引き商品の受け取り拒否の場合は、送料・代引き手数料をご請求いたします。