ロゴ

たかはしきもの工房 本店

絹麻
絹麻

絹と麻の交織襦袢地 絹麻町55番地

商品番号 kinuasa_tanmono
  • たかはしオリジナル
  • 送料無料
販売価格 ¥ 55,000 税込
500 ポイント進呈
柄選択

在庫がございます。

残りわずかです。

ただいま在庫がございません。

商 品 情 報
【品 質】 ・タテ糸/絹100%
・ヨコ糸/麻100%
【サイズ】 ・長さ約13m 幅約40cm

お仕立ても承ります

たかはしきもの工房直轄の国内手縫い縫製で、お仕立ても承ります。
手縫い縫製(水通しなし)・・・税抜16,000円
手縫い縫製(水通しあり)・・・税抜17,500円
※ 当店自慢の和裁師による、全て手縫いによるお仕立てとなります。

お仕立て代、納期の連絡をさせていただき、ご納得いただいてから受注いたします。

ご希望の方は、襦袢のお仕立てについてから「希望する」をお選びください。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

※ご覧になっているモニターによって多少の色合い違いがございます。
※実店舗との併用在庫となりますので、売り違いによる売り切れの場合があります。

地紋用は2種類。ご希望いただければ、お仕立ても承ります。

いつでも涼しく、そして肌にやさしい

「絹麻町55番地」

ちょっと不思議な名前のこの生地は、たかはしきもの工房オリジナルのタテ糸が絹100%、ヨコ糸が麻100%の反物です。
糸を充分に縮ませることで、一切の薬品加工を用いない、自分で洗える天然素材のみの襦袢地が出来ました。

汗により張り付く絹の暑さを麻がカバー
麻の光沢感の無さと、肌触りの硬さを絹がカバー

つまり、絹の肌触りの良さと、麻の涼しさを、タテヨコに折り込んだ襦袢地です。
お肌が弱くて麻100%が苦手だった方もぜひお試しください。

涼しい襦袢=薄い生地をイメージしてたけど…生地が厚い?!

そうなんです。麻の糸は絹より太いため厚いのです。ですが、麻の特性は活きていて、涼しく着ることができます

化学繊維の接触冷感と麻の接触冷感の違い

化学繊維の接触冷感触は、触れた瞬間はひんやり気持ちが良いですが、その涼しさは持続しませんよね。
なぜなら、繊維自体の通気性が悪く熱がこもり、汗をかいても吸水されない生地が多いのです。
対して麻は、化学繊維の接触冷感ほど最初のひんやりはないものの、着続けた場合の冷感が違ってきます。

【麻が涼しい理由】

  • 吸水性に優れていて、汗をしっかり吸収しベタつきません。
  • 速乾性も高く、吸水した汗をしっかり放出します。
  • さらに通気性も優れており、体の熱を逃してくれます。その為、生地が体に張り付かず涼しく着れます。

下着まわりなど、着方も道具もだいぶ簡素化されている中、しっかりと襦袢を着ている方も少なくありません。
この「絹麻町55番地」は、単衣の季節の襦袢としてお勧めなのはもちろん、盛夏以外の季節に、長い期間ご使用いただける襦袢地です。

たかはしの反物見て見てキャンペーン

送料のお客様負担は一切ございません(^^)/

\ やり方はこちら /

  • ① レビューでプレゼント!「書かない
  • ② お仕立てについて「希望しない
  • ③ 欲しい柄を選択
  • ④「カートに入れる」をクリック
    ※他商品との同梱はできません
  • ⑤ お支払い方法は必ずクレジットカードでお願します
    ※請求キャンセルは、反物が当店に返品された時点で行います
  • ⑥ 備考欄に必ず【見て見てキャンペーン希望】と記入

ご面倒をおかけしますが、これで無料で実際に反物を見ていただけます!
逆に、上記の事を守らないと本当に販売しちゃいます(^^;
どうぞ皆様、お気軽にお問い合わせください〜♪

私がなぜ「絹麻町55番地」を作ったか

髙橋和江

女将 髙橋 和江

私は年中きものを着ています。
冬は暖かくて離せない!きものっていいなぁと思うのですが、夏は暑く感じて疲労感が増すことも。特に嫌だったのは汗による生地の張り付きです。絽でも紗でも、汗ばんだ足や腕に張り付きます。これが耐えがたいほど不快感を増すのです。 きものが嫌になる瞬間です。
何とかして快適に絹の夏きものを楽しめないかと考え、その点を克服するためにまず作ったのが綿楊柳のローライズステテコです。
これで足への張り付きは完全に克服できましたが残るは腕の部分です。絶対に張り付かず涼しいのは麻の襦袢地ですが、張り感がありすぎて絹の柔らかさには沿いません。しかもシワになりやすく光沢もない、これは致命的でした。
そこで考えたのが絹と麻の交織です、絹の光沢感と麻の涼しさを合わせ持ったら鬼に金棒だと。思い描いた通りの品物になりました。全く張り付かず、それでいて光沢があります。
洗濯機でも洗えてお手入れのストレスがない襦袢。是非、きものを楽しむための一助としてお役立てください。

お仕立てについての注意点

  • 収縮率は1%未満ですが、洗うと”ピリング”による収縮もあります。
  • お仕立て前の水通しは不要ですが、2%長く縫うことをお勧めします。
  • お仕立ての際は居敷当てを付けてください。
  • 反物がふわっとゆるい状態で巻かれています。これは、縮めた生地を伸ばさないように柔らかく手巻きしているからです。ご了承ください。

絹麻町55番地の洗濯方法

  1. 畳んでネットに入れてから、洗濯機の『一番やさしいモード』、もしくは手で押し洗いをして下さい。
  2. 脱水が終わったらすぐに洗濯機から出して、濡れている間にアイロンをかけます。(もしくは手で形を整えます)
    アイロンは中温とし、当て布なしで直接当てます。濡れている状態であれば、直接当ててもテカリは出ません。
    ※アイロンの底が汚れていないことを確認してからご使用ください。
  3. アイロンで半乾きにしてから、きものハンガーで陰干しします。
    テカリの原因になるので、アイロンですっかり乾かしません。

※絹麻に限らず、洗い過ぎは生地の劣化につながります。適切な頻度でお手入れしてください。

返品・交換について

たかはしきもの工房オリジナル商品のみご試着後の返品を承ります。
オリジナル商品以外の商品は、未使用・未開封の場合のみ受け付け致します。
お届けした商品が不良品の場合、速やかに対応いたします。当店までメールやお電話でご連絡ください。ご返送の方法等ご案内いたします。
商品代引き商品の受け取り拒否の場合は、送料・代引き手数料をご請求いたします。